劇団旗揚げ時、あの新宿スタジオアルタにて史上初のロング公演を果たし話題を蒔いた「劇団メイカーズ」。間髪を入れずその3カ月後、結成してから史上最速のスピードで東京芸術劇場シアターウエストへ進出を実現し、多数のメディアを驚かせたことは記憶に新しい。

そのメイカーズの主宰者兼プロデューサーとして活動する傍ら実業家、起業家としても活動する“A・ジョセフ”。


そして、今、飛ぶ鳥を落とす人気を誇る「天才劇団バカバッカ」の看板俳優であり、朝劇 丸ノ内のオリジナルメンバーとして世界初の1年6ヵ月のロングラン公演を行ない約2500人を動員。 現在、朝劇西新宿のプロデュースを手掛ける“野村龍一。


この2人がついに手を組み株式会社メイプロの運営の元“X(エックス)カンパニー”を結成。


Xカンパニーの「X」は掛け算を意味します。

繋がりの掛け算、何かと何かの掛け算で演劇業界新しい価値を生み出す意味を込めています。


繋がりの数だけ進化するカンパニーを目指します。